ヘタレ日記
英国・サッカーなどについてヘタレた日記を書いてみる.
2017/06 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2017/08    
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
還付
税金が還ってきた.しかも結構な額.
そのこと自体は非常に嬉しいのだが,事が発覚した顛末が何とも複雑.

そもそも納税者としての英国居住証明書を申請したことが始まりだった.税務署に電話をかけ,国民保健番号を告げると「アナタ,コンピュータシステムに載ってないですよ」と言われる.4年も納税させといてそらないで!とは思ったものの,同時に「はいはい,いつものことね」と言う諦めもあり,ちゃんと登録されるにはどうすればいいかたずねる.指示通りに書類を送り,待つ事数ヶ月,ようやく税務署から手紙が届く.

手紙の内容はと言うと「税金を再計算した結果,過払いが判明しました」.初年度分を見るとなかなかの額だった.それが毎年度分積み重なり,結局結構な額になった.すぐに過払い分+返還遅延保証金みたいなのがあわさった小切手が送られてきた.ミスを認めない国イギリスだが,明らかな間違いのケツを拭くのはそれなりに早い.

税金に消えたと思ってたお金が還ってきたわけで,結果的にはホクホクだ.しかし,ここで色々疑問もわいてくる.税務署の説明では,過払いの原因は自分の職場の経理部にあるらしい.所得税は給料から天引きだから,税金計算は雇用主がやっている.天引きであるがゆえに,自分もまさか計算が間違っているなんて思いもしなかった.そんなアホなと思うが,アホなことが実際に起こってしまっていたわけだ.

思い起こしてみれば,はじめに税務署にかけた電話で言われたことも気になる.本題は居住証明の発行であるにもかかわらず,年に一回勤め先からもらえる納税記録を送って,表書きに「過去3年分の納税記録をみて支払いの過不足がないか調べて下さい」と書くように言われたのだ.これは単に決まり文句とも取れるが,深読みすれば記録を調べることで支払い不足の判明を期待したともとれるし,逆に過払いがしょっちゅう起きているからチェックした方がよいと考えたとも取れる.こう言う事は頻繁に起きていて,自分は「理系の研究者なんてモンは世間の事情に疎い」の典型例になってしまったのだろうか.なんせ,英国企業にお勤めの方々にはお気をつけ頂きたい.

そして,案の定,最初に申請した居住証明書はいまだ届いていない.改めて税務署に電話したところ,「そんな申請は記録に残っていません」とのこと.過払いの件のせいで本題が忘れられているのだろう.再度居住証明申請を出す羽目になった.とは言え,この件がなければ過払いも発覚せず,エラい損をしていたと思うと恐ろしいやらありがたいやら.自転車を買った直後にこの件が発覚したのも得した気分に拍車をかけた…マイナスがゼロになっただけで全然得はしていないのだけれども.
スポンサーサイト
【2009/08/02 05:33】 | 英国生活 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<赤藪 | ホーム | 二輪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://torirho.blog49.fc2.com/tb.php/493-8414c919
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

鶏

Author:鶏
英国在住ヘタレ研究者

リンク

ブログ内検索

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。