ヘタレ日記
英国・サッカーなどについてヘタレた日記を書いてみる.
2017/05 << 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >> 2017/07    
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
家康
つい先日のこと,仕事をしていると中国人の学生が「徳川家康」と書いた紙を見せて,「この人知ってる?」と訊いてきた.
聞けば,今,中国で山岡壮八の『徳川家康』が大人気だそうで,義理のお兄さんに本をプレゼントしたいとのこと.でも「13巻もあると思わなくて,いっぺんに買うと高いしなあ,どうしよう」っちゅうような話だった.

その後しばらくの間,そのころの日本の歴史を説明してあげていると,しまいに彼は家康の人生訓の話を持ち出してきた.「人の一生は重荷を負うて遠き道をゆくが如し…」というヤツだ.これまた中国で流行っているらしく,中国語訳を読んだ彼はところどころわからない部分はあるものの,感銘を受けたそうだ.

彼がわからないと言ったのは,『心に望み起こらば困窮したるときを思い出すべし』と言うくだり.『憂鬱なときは…』と訳されていたらしく,「家康はずいぶん後ろ向きな人やね」とのコメント.望と言う字は鬱を意味する場合もあると言うことらしい.そんな後ろ向きの話じゃないと思うと説明しておいた.また,『 勝つことばかり知りて、負けることを知らざれば、害その身に至る』と言うのも意味がイマイチ理解できないとのこと,日本人的には非常に馴染みやすい内容だと思うが,やはり日中でメンタリティの違いがあるのだろうか.

正直,自分はこの人生訓をよく知らなかったのだが,中国人の彼が全編そらんじて見せるのにビックリ.自分もひとつ勉強になった.
スポンサーサイト
【2008/07/26 20:50】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<演劇 | ホーム | 動漫>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://torirho.blog49.fc2.com/tb.php/436-11f9bb6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

鶏

Author:鶏
英国在住ヘタレ研究者

リンク

ブログ内検索

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。