ヘタレ日記
英国・サッカーなどについてヘタレた日記を書いてみる.
2017/07 << 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >> 2017/09    
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
漢詩
「黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る」で始まる李白の漢詩がある日突然頭の中に浮かんできた.
中学生だかのときに覚えさせられたものだが,面白いから職場の中国人に「こんなん急に思い出して…」と話してみた.その彼もうろ覚え程度にしか覚えてなかったらしく,日本人の自分からこの詩の話を聞くことにショックを受けていた.春眠暁を覚えず…(孟浩然『春暁』)とかも広く知られているとか,学校で漢詩を勉強することを話すと二度ビックリ.

確かに隣の国と言えど,学校で何を習うかなんて知る機会もない.自分も中国の学校で何を教えてるかなんて考えたこともないし,彼らにしても日本人が漢詩を習っているなんて思いもしないだろう.どうやら中国の学校では日本文学を勉強していないらしいが,最近は日本のアニメを見るために日本語を勉強する若者が多いとか.500年ぐらいしたら中国の学校で日本文学(アニメ?)を勉強する日が来るだろうか.いや,ないか.
スポンサーサイト
【2007/11/06 06:27】 | 各国文化 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<でん | ホーム | 醤油>>
コメント
中国人にどうやって漢詩を説明して、先方の知ってるやつと同定したの?
英語で? それとも字を書いて?
【2007/11/07 15:37】 URL | ユーキ #-[ 編集]
漢字と英語とGoogleっす.人名,地名は漢字で書いて(うろ覚えながらですが),英語でなんとなくの筋書きを説明して,あとは人名,地名を頼りにGoogleで検索すれば目的のものに行き当たる…っちゅうような感じです.こういうとき漢字はメチャ便利ですね.
【2007/11/07 18:45】 URL | 鶏 #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://torirho.blog49.fc2.com/tb.php/394-7cc13474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

鶏

Author:鶏
英国在住ヘタレ研究者

リンク

ブログ内検索

最近の記事+コメント

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。